深夜の牛丼屋にボロボロの親子が入店…男『小盛りの牛丼下さい』俺「はい(子供の分だけじゃん、お金ないのか?)」→すると…
2023/11/12

広告

深夜の牛丼屋で、ボロボロの親子が小盛りの牛丼を注文し、子供だけ食べさせる様子に心配した店員が、子供が眠れる場所を提供し、朝まで店で寝かせてあげた。その後、店員が父親と話をすると、母親が家を出て行ってから父親が仕事を辞め、お金がなくなり困っているということが分かった。店員は父親と娘をマックに連れて行き、食事をごちそうしてあげた。その後、店員は父親と娘を自宅に連れて帰り、娘をお風呂に入れてあげることにした。

広告

AD
記事
画像集
動画